北海道に暮らす我が家のダックス&チカコの日々を綴ります♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004年の今日、8月12日にヴィヴィは我が家で生まれました。
ヴィヴィのママは元々我が家のコでは無かったのですが、相手のオーナーさんが
出産前から入院中だったので
我が家でのお産となりました。

ヴィヴィは3姉妹の長女で一番のぶちゃいくちゃん(爆)
ママのピピの陣痛に気付かず怪しい物音に焦って様子を見に行くと既にヴィヴィは生まれていました( ̄∀ ̄;)
ピピは出産のベテランさんで全て自分で出来るとの事だったけど
やっぱりちょっと心配になってその後はずっとピピの側に居たら簡単にポロポロッと生まれてくるの(笑)
かなり衝撃な日でした(笑)

それから一年ヴィヴィは病気一つしないとっても元気な女の子に育ちました♪
パパのクッキーに似て普段は吠える事も無くビビリっぷり満載なコだけど
ヴィヴィが生まれてましばらくしてから我が家に来たシフォンとは
本当の姉妹のように毎日一緒に走り回ったり喧嘩したりとっても良い感じ♪

実は今月ヴィヴィの誕生日だとは分かっていたけどそれが「今日」である事を忘れておりました( ̄∀ ̄;)
いつもお世話になっている方からのプレゼントが届いて今日が誕生日である事を思い出しました( ̄∀ ̄;)
もちろん私達からのプレゼントは無く…でも昨日母&姉のお友達から頂いた和牛を
ご飯にトッピングしてあげて満足してくれたかしら(爆)

そして、今日は大変な出来事がありました。
タルトの入院です。

タルトは昨日ドックランで大はしゃぎで遊びまわり、普段と変わりなくご飯を食べたそうです(ご飯の時間帯は私と姉は出かけてました)
ご飯後3~40分後に嘔吐し、私達が帰ってきてからも2回嘔吐しました。
朝になり、また嘔吐を繰り返し吐血しました。
昨日のような元気は全く無く他のコが食べているご飯にも全く反応せず明らかに具合が悪そう。
午後から病院へ連れて行き病名が判明したのですが、8ヶ月になるタルトがなる病気ではないそうです。
先生も何故発症したのか不思議だそうで…。
家に帰って来てから姉が水を飲ませた数分後から飲んだ水を何度も吐き血の固まりみたいなのを吐き病院へ連絡。
酷いようであれば入院と病院に居た時に言われていたので少し覚悟はしていたのですが
夜の7時に大量の血便をしました。
すぐに病院へ連絡し、母と姉が連れて行きそのまま入院へ。
病院では血液検査等をしているそうです(まだ検査結果は分かりません)

かなり酷いらしくどうしてやる事も出来なく不安らけ…。
昨日ご飯を食べた時まであれ程元気だったのに、その原因が分からないだけに
どうしていいのか…。

我が家のワンズではブラウニー以来の大きな入院でかなり心配です…。
なんとも無ければ良いけど………………。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。